風評被害とはその現状

今段々と広がっている風評被害とはどんなところから広がっていったのでしょう。そもそも風評被害とは根も葉もない噂により、本来非難を受けるべき対象ではないのに攻撃されることをいいます。それは平成23年の東日本大震災時の福島県における農産物すべてに多大な放射性物質の影響があるなどという根拠の極めて曖昧な噂が全国に広がり県内の農業、観光など産業に多大な被害をもたらした例から話題となってきました。現在は特にインタ―ネットにおけるブログの書き込みにおいて一企業や時には個人がいわれのない噂で多大な経済的被害をこうむる被害全体について使われています。

風評被害の対策と現状

ネットへの書き込みでの風評被害はその加害者が特定できないか、もしくはしずらいところに、この対策の難しさがあります。またこれらネットの書き込みの読み手も余り深く考え得ずに興味本位での検索が残念ながら一番多いようです。あまり明確な目的もなくネットの書き込みを読む人たちの検索の方法の一つに検索エンジンの順位の高さから何となく検索して読んだり、書き込むパターンがあります。これが根も葉もない風評を広げる大きな原因となっているのでしょう。

ネットでの風評被害対策逆SEO

SEO(Search Engine Optimizeation)とはインターネットにおける検索エンジンの順位を上げてやるための手法です。その本来の目的は多くの人に知ってもらいたいことを宣伝したい紹介するために行われてきたやり方でインターネットにおける独特の手法といえます。風評被害対策として使われる逆SEOとはネットにおけるブログの内容を人目につかせないようにしたり、ネガティブなサイトの検索順位を下げることで風評被害を食い止める方法のことをいいます。今逆SEO対策を手掛ける専門会社があり、様々風評被害に対して実績のある対応をして効果をあげているようです。実際現状では警察などの対応は中々難しく、法務局など風評被害や誹謗中傷に対して削除要請を受けつける公共機関もありますが、速やかな風評被害対策には対策サービス手掛けるを専門会社が今多くあり、予算に合わせて問い合わせしてみるのが良いでしょう。

誹謗中傷対策は嘘や個人情報、特定の人物が傷つく内容を書かないことです。書く前から考えてから書きましょう。書いていいことや悪いことを考えて書くことが一番の対策です。